/

バド桃田「理想に近づくよう」 5・6月の国際大会へ決意

日本バドミントン協会は22日、富山県高岡市で合宿している日本代表のコメントを発表し、男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は5、6月にマレーシアとシンガポールで予定されている国際大会に向け「自分の理想のプレーに近づけるように毎日練習を頑張りたい」と決意を新たにした。

女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は新型コロナウイルスの影響による調整の難しさを口にしつつ「自分の100パーセントを出せるように準備していきたい」と国際舞台を見据えた。

今回の合宿は14~23日の日程で実施。コート外のトレーニングも充実していたようで、男子ダブルスの嘉村健士(トナミ運輸)は「ここ最近の中で一番ハードな合宿になっている。きつい中で自分のプレースタイルや質を意識した」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン