/

日本サッカー協会、リーグ・連盟へ支援金 理事会で決定

日本サッカー協会は22日、オンラインで理事会を開き、新型コロナウイルスで財務的に影響を受けたリーグ、連盟に支援金を支給することを決めた。日本フットボールリーグ(JFL)、日本女子サッカーリーグや大学、社会人、フットサルなど各連盟が対象。総額は1億8400万円で、事前に各団体と調整して必要額を見積もった。

審判委員会に隔週開催のテクニカル部会を設置することも決めた。Jリーグで議論を呼んだ判定などに機動的に対処する。首都ベイルートでの大規模爆発で被害を受けたレバノン・サッカー協会には義援金2万ドル(約210万円)を送る。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン