スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

ステイゴールドが急死 三冠馬オルフェーヴルなど輩出

2015/2/5付
保存
共有
印刷
その他

中央競馬で2011年の三冠馬オルフェーヴルなどの父として知られる名種牡馬ステイゴールド(21歳)が5日、急死したことが分かった。関係者から報告を受けた池江泰郎元調教師によると死因は不明。

ステイゴールドは、現役時代は日本国内でのG1勝利はなかったが、01年の香港ヴァーズでG1初制覇を果たし、現役を引退。種牡馬として北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで繋養されていた。オルフェーヴルのほか宝塚記念優勝馬でフランス凱旋門賞2着のナカヤマフェスタ、現役ではG1・5勝のゴールドシップなどを輩出していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

無敗での3冠達成へ調整するコントレイル(栗東トレーニングセンター)=共同

 競馬の3歳クラシック三冠の最終戦、第81回菊花賞(G1)が25日、京都競馬場芝3000メートルで行われる。春の皐月賞、日本ダービー(ともにG1)を快勝し、2冠を達成したコントレイル(牡、栗東・矢作芳 …続き (20日 19:18)

 日本中央競馬会(JRA)は19日、2021年の日程を発表し、京都競馬場が整備工事で使用できないため、例年、京都が舞台の天皇賞・春、秋華賞、菊花賞、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップのG1・5 …続き (19日 16:54)

第25回秋華賞を制したデアリングタクト=共同

 道中は後方からレースを進めたデアリングタクト。第3コーナーという早いタイミングで追い上げを始めると、馬群の外側を回り、最終コーナーまでに一気に先頭集団にとりついた。最後の直線でも脚色は衰えず、ゴール …続き (18日 21:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]