スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

蒼国来、引退し荒汐部屋を継承 八百長事件から復帰

2020/3/26 21:15
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、元幕内の幕下蒼国来(36)=本名エンクー・トプシン、中国出身=が同日付で引退し、年寄「荒汐」を襲名して部屋を継承することを承認した。

相撲協会によると外国出身者が師匠になるのは高見山、武蔵丸、琴欧洲、旭天鵬に次いで5人目で、中国出身では初。元蒼国来は昨年9月、年寄名跡襲名に必要な日本国籍を取得していた。

元蒼国来は2011年に発覚した八百長問題への関与認定で解雇されたが、地位確認訴訟で解雇無効判決を勝ち取り、異例の復帰を果たした。

02年に時津風部屋から独立した先代の荒汐親方(元小結大豊)は26日付で協会を退職した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は29日、新型コロナウイルス感染防止対策として、改めて原則的な外出禁止などを各部屋に通達した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)が明らかにした。
 25日に緊急事態宣言が全面解除されたが、流行 …続き (18:49)

稽古する白鵬(東京都墨田区の宮城野部屋)=日本相撲協会提供・共同

 大相撲の横綱白鵬が27日、緊急事態宣言の全面解除後で初めて心境を明かし「少しずつ落ち着いてきている状況だけどコロナウイルスという敵は目に見えない。油断せず一つ一つ体をつくっていきたい」と慎重に調整す …続き (27日 19:46)

稽古中の貴景勝=中央(26日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=共同

 大相撲の大関貴景勝が26日、緊急事態宣言解除後で初の稽古に臨み、ぶつかり稽古を再開していることを明らかにした。報道陣の質問に書面で回答。「少しずつ取り入れている。自分のペースで地道にやっている」など …続き (26日 18:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]