/

阪神ドラ1佐藤輝、特大2ラン 4安打放ちアピール

打球は右中間の電光掲示板を越えた。阪神のドラフト1位新人の佐藤輝(近大)が18日、沖縄県宜野湾市で行われたDeNAとの練習試合の九回に、この日4安打目の特大2ラン。あまりの飛距離に敵も味方もあっけにとられる中「甘い球をしっかり捉えられたのでよかった」と冷静だった。

DeNAとの練習試合で2ランを放つ阪神・佐藤輝(18日、宜野湾)=共同

昨季10勝を挙げた大貫から一回に右翼線に適時二塁打、三回には中前打を放った。七回には武藤から二塁強襲の二塁打。九回は伊勢に追い込まれながらもフルスイングを貫き、ファウルで粘った後の7球目。浮いた速球を完璧に捉えた打球はぐんぐん伸び、矢野監督を「それにしても、えぐい」と感嘆させた。

アマチュア時代から飛距離は折り紙付きだが、対応力も非凡だ。実力者の大貫に初球からタイミングを合わせ、九回もカウント不利の状況で失投を仕留めた。「シーズンに入れば(相手の)攻め方も変わってくる」と本人は気を引き締めるが、矢野監督は「未知数な部分がまた魅力。どこまで行く(成長する)んだろう」と底知れない可能性に胸を高鳴らせる。

対外試合3戦で計14打数9安打、2本塁打。「甘いところを捉える長打が魅力。続けていければ」と自覚する持ち味を、存分に見せつけている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン