/

クライミング、野口・楢崎明らが決勝へ アジア選手権

女子リード準決勝 1位で決勝に進んだ野口啓代(8日、倉吉体育文化会館)=共同

スポーツクライミングのアジア選手権第2日は8日、鳥取県倉吉市の倉吉体育文化会館で男女のリード準決勝が行われ、女子ではジャカルタ・アジア大会複合金メダルの野口啓代(TEAM au)が韓国選手と並んで1位通過し、上位8人で行われる10日の決勝に進んだ。小武芽生(エスエスケイフーズ)が3位で、日本勢は計5人が決勝に駒を進めた。

男子は楢崎明智(TEAM au)と樋口純裕(佐賀県連盟)ら3人が1位通過。4位の藤井快(TEAM au)ら日本勢6人が決勝進出を決めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン