/

卓球W杯団体戦、男子が独破り4強入り

東京五輪のテスト大会を兼ねた卓球のワールドカップ(W杯)団体戦第2日は7日、東京体育館で行われ、男子の準々決勝でB組2位の日本はC組1位のドイツに3-1で勝ち4強入りした。3位決定戦がないため、銅メダル以上が確定した。9日の準決勝は中国と対戦する。

男子準々決勝 ドイツ戦の4戦目に勝利し準決勝進出を決め喜ぶ張本智和(7日、東京体育館)=共同

日本は第1試合のダブルスで丹羽孝希(スヴェンソン)吉村真晴(名古屋ダイハツ)組が1-3で敗れたが、第2試合で張本智和(木下グループ)がドミトリー・オフチャロフに3-1で勝利。以降は吉村がティモ・ボルをストレートで、張本もパトリック・フランツィスカを3-1でそれぞれ退けた。 

女子の日本は前日の2連勝でB組1位を決めており、8日の準々決勝はC組2位のルーマニアとの顔合わせとなった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン