/

競泳萩野が400個メで優勝 日本選手権、五輪会場で初の大会

競泳の日本選手権は3日、東京五輪会場の東京アクアティクスセンターで開幕し、男子400メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が4分13秒32で2大会ぶりの優勝を果たした。今年完成した同会場で、大会が開催されるのは初めて。

男子400メートル個人メドレー決勝 4分13秒32で優勝した萩野公介のバタフライ(3日、東京アクアティクスセンター)=共同

男子の100メートル平泳ぎは19歳の佐藤翔馬(東京SC)が59秒59で制した。100メートル自由形は中村克(イトマン東進)が48秒80で6連覇。松元克央(セントラルスポーツ)が48秒94で2位に入った。女子100メートル平泳ぎは渡部香生子(JSS)が1分6秒78で1位。

今大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初予定されていた4月に実施できず、12月に延期された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン