/

日本ハム、試合再開7日から 新規コロナ陽性者なし

プロ野球は6日、臨時実行委員会を開き、新型コロナウイルスの集団感染で1軍の活動を一時停止していた日本ハムの試合を7日の札幌ドームでの楽天戦で再開すると決めた。5、6日に一斉に実施したPCR検査で新たな陽性者が確認されず、保健所から活動再開を認められた。

日本ハムでは4月30日から今月4日にかけ、7選手を含む計13人の感染が判明。2日の西武戦と3~5日のロッテ戦の計4試合が中止となり、保健所の要請で1軍の活動を停止した。

実行委で12球団は、日本野球機構(NPB)が作成した感染防止ガイドラインの順守や、遠征先での外食の禁止などを徹底することを改めて確認。NPBの井原敦事務局長は感染力が高いとされる変異株の流行を念頭に「今までやってきた感染防止策を、さらに一人一人の意識を高めてしっかりとやっていくしかない」と述べた。

また、政府が4都府県に出した緊急事態宣言が延長される見通しとなったため、8日に再び臨時実行委を開いて今後の日程の調整を議論することを決めた。宣言中は政府の要請に従い、対象地域にある東京ドーム、神宮球場、京セラドーム大阪、甲子園球場での試合を原則として無観客で開催している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン