/

15歳ザギトワが女子SP首位 フィギュア欧州選手権

【モスクワ=共同】フィギュアスケートの欧州選手権第2日は18日、モスクワで女子ショートプログラム(SP)が行われ、グランプリ(GP)ファイナルで初優勝した15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がほぼミスなしの演技を見せ、世界歴代2位の80.27点をマークして首位発進した。

右足故障からの復帰戦となった世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)はダブルアクセル(2回転半ジャンプ)の着氷が乱れ、78.57点で2位。2014年ソチ冬季五輪銅メダルのカロリナ・コストナー(イタリア)が78.30点で3位につけた。

メドベージェワはひびが入った右足中足骨の治療のために昨年12月のGPファイナルとロシア選手権を欠場し、今季シニア転向のザギトワはメドベージェワが不在だった2大会を含めて5連勝中。平昌五輪前の直接対決に注目が集まっており、20日(日本時間21日)にフリーを実施する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン