2019年2月17日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

女子48キロ級は須崎が初優勝 全日本レスリング

2016/12/22 19:42
保存
共有
印刷
その他

女子48キロ級決勝 加賀田葵夏(左)を破って優勝を決め、喜ぶ須崎優衣(22日、代々木第二体育館)=共同

女子48キロ級決勝 加賀田葵夏(左)を破って優勝を決め、喜ぶ須崎優衣(22日、代々木第二体育館)=共同

レスリングの全日本選手権第2日は22日、東京・代々木第二体育館で男女計8階級が行われ、女子48キロ級は5月の全日本選抜選手権覇者で17歳の須崎優衣(東京・安部学院高)が決勝で加賀田葵夏(青学大)を5―0で下し、初優勝した。同75キロ級は鈴木博恵(クリナップ)が2大会ぶりに制し、72キロ級を含めて3度目の優勝を果たした。

男子はフリースタイルで3度の優勝を誇る松本篤史(ALSOK)がグレコローマンスタイル85キロ級で初制覇。リオデジャネイロ五輪銀メダルの樋口黎(日体大)が不在のフリースタイル57キロ級では高橋侑希(ALSOK)が初めて制した。

同125キロ級の山本泰輝(拓大)、グレコローマンスタイル75キロ級の屋比久翔平(日体大)がともに2連覇。フリースタイル65キロ級は鴨居正和(自衛隊)、グレコローマンスタイル98キロ級は奈良勇太(日体大)が制した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

記者会見でポーズをとるWBAバンタム級王者の井上尚弥。左は父の真吾さん、右は大橋秀行会長(16日、横浜市)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が16日、横浜市の所属ジムで記者会見し、「最強決定トーナメント」ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の準決勝(5月18日・英 …続き (16日 20:43)

 日本ボクシング連盟は15日、3月に予定していたアジア選手権代表選考会を中止すると発表した。アジア選手権を、2020年東京五輪で採用される体重階級ではなく現行の階級で実施するとの通知があったため。
 代 …続き (15日 23:03)

 柔道のグランドスラム(GS)パリ大会で初戦の2回戦敗退に終わった男子66キロ級世界王者の阿部一二三(日体大)が14日、羽田空港に帰国し「この負けを受け入れ、さらに成長できるように自分を見つめ直したい …続き (14日 17:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]