/

陸上・飯塚ら、NTCでの練習再開 「においや感触懐かしい」

陸上男子短距離の飯塚翔太(ミズノ)が28日、同日から利用再開となった東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の陸上トレーニング場で練習し、「久々にトラックで走って楽しかった。においや感触がすごく懐かしかった」と喜びを語った。オンラインで記者会見した。

利用が再開されたNTCで練習後、オンラインで記者会見する飯塚翔太(28日)=共同

NTCは緊急事態宣言の発令で、4月8日から利用中止となっていた。約7週間ぶりにトラックで汗を流し「反発がすごい。脚への負担が全然違う」と改めて実感したという。筋力も低下しており「慣らしていくには、何週間か必要。夏以降に向けて徐々にスピードを上げていく」と述べた。

日本陸連は当面、利用対象をトップ選手に限り、人数を午前、午後それぞれ20人までなどとする指針を示している。28日は飯塚や男子110メートル障害の金井大旺(ミズノ)ら4人が練習。選手同士が近づかないなどの対策も取られ、飯塚は「(以前とは)少し違った練習環境だった」、金井は「いつも以上に新鮮な気持ちで走れた。距離を取ってだが久々に日常会話もできてうれしかった」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン