/

カヌー小野祐佳、初の五輪切符 アジア予選2位

カヌー・スプリントの東京五輪アジア予選を兼ねたアジア選手権は6日、タイのパタヤで行われ、女子カヤックシングル200メートルで小野祐佳(秋田県スポーツ協会)が40秒258で2位となり、出場枠を獲得して初の五輪代表に決まった。

カヌー・スプリント女子カヤックシングル200メートルで2位となって五輪出場枠を獲得し、笑顔を見せる小野祐佳(6日、パタヤ)=日本カヌー連盟提供・共同

1位になったカザフスタンは5日の女子カヤック種目で出場枠を得たため、規定により2位の日本に枠がもたらされた。日本連盟の選考基準で、枠を獲得した選手が五輪代表になる。

男子カヤックシングル1000メートルの棚田大志(吉本整形外科・外科病院)は3位、同200メートルの小松正治(愛媛県競技力向上対策本部)は7位に終わり、出場枠を得られなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン