/

貴乃花親方の退職、力士移籍決定後に審議へ 相撲協会

日本相撲協会の理事会に臨む芝田山広報部長(27日午後、東京・両国国技館)=共同

日本相撲協会は27日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、貴乃花親方(元横綱)の退職の届け出に伴い、貴乃花部屋の力士らの千賀ノ浦部屋移籍について、10月1日に国技館で臨時理事会を開いて協議することを正式に決めた。移籍が確定してから、同親方の退職について審議する。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)は、貴乃花親方の届け出の受理について「まずは移籍が整うこと。(退職を)認めるか、認めないかはそこからの話だ」と述べた。

27日に貴乃花親方の代理人弁護士が、相撲協会に所属先変更願を提出したが、原本のコピーに千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が署名したものだったため、協会は原本を提出するように千賀ノ浦親方に求めた。

千賀ノ浦親方は、近日中にも貴乃花部屋の力士らの引っ越しを行う可能性を示し「(協会との協議で)いつでもできるように用意しておいてほしいとのことだった」と話した。

この日の理事会や年寄総会で、旧貴乃花一門の阿武松親方(元関脇益荒雄)ら9人の二所ノ関一門、立浪親方(元小結旭豊)の出羽海一門への加入が議論される予定だったが、芝田山部長は貴乃花親方の退職問題が収束するまでは、保留するとの見解を示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン