2019年1月23日(水)

サッカー

FIFA倫理委、元理事を永久活動停止に 不正を認定

2015/7/9付
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会は9日、北中米カリブ海サッカー連盟で事務局長だったブレーザー元FIFA理事(米国)に永久活動停止処分を科すと発表した。倫理委の調査と米司法当局から得た情報から、元理事がサッカー界での地位を利用して贈収賄や不正に深く関わったと認定した。FIFA理事は2013年まで務めた。

複数のFIFA幹部が逮捕された汚職事件で司法取引をした70歳のブレーザー元理事は、ワールドカップ(W杯)の1998年フランス大会、10年南アフリカ大会の招致で賄賂があったことを既に認めた。当局の調査には少なくとも11年から協力してきた。本来は100年の刑期になる計算だが、大幅に軽減される見通しになっている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 Jリーグは23日、今季の詳細日程を発表し、2月22日に開幕するJ1で、2連覇中の川崎がアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)王者の鹿島をホームに迎える一戦は3月1日の第2節となった。最終節は12月7 …続き (18:33)

 日本サッカー協会は23日、U―20(20歳以下)日本代表候補合宿(29日・沖縄、2月1日・宮崎)のメンバーを発表し、17歳のFW久保(FC東京)のほかDF橋岡(浦和)、FW安藤(C大阪)らが選ばれた …続き (18:26)

稲本潤一=共同

 J3相模原は23日、J1札幌から元日本代表MFの稲本潤一(39)が完全移籍で加入すると発表した。昨季のリーグ戦出場は2試合にとどまり、札幌は新シーズンの契約を更新しないと公表していた。稲本はクラブを …続き (15:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]