/

稀勢の里12連勝、高安は2敗に後退 大相撲春場所12日目

稀勢の里が寄り切りで荒鷲(手前)を下す(23日、エディオンアリーナ大阪)=共同

大相撲春場所12日目(23日・エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里は平幕荒鷲を寄り切り、初日から無傷の12連勝で単独首位を守った。

大関照ノ富士は遠藤を浴びせ倒して1敗をキープしたが、関脇高安は横綱日馬富士に小股すくいで敗れ、平幕栃煌山は妙義龍に寄り切られ、ともに2敗に後退した。日馬富士は9勝目。

横綱鶴竜は関脇玉鷲に押し出されて4敗目。関脇琴奨菊は5敗目を喫し、大関復帰条件の10勝到達に後がなくなった。小結正代は負け越した。

全勝の稀勢の里を1敗で照ノ富士、2敗で高安、栃煌山が追う。十両は大砂嵐が3敗でトップ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン