/

秋山、森がリオ五輪代表に 射撃のアジア予選

射撃のリオデジャネイロ五輪アジア予選が28日、ニューデリーで行われ、男子ラピッドファイアピストルで44歳の秋山輝吉(宮城県警)が1位、32歳の森栄太(自衛隊)が3位となって国別出場枠を獲得し、ともに初の五輪代表に決まった。日本ライフル射撃協会は、今大会で出場枠を獲得した選手を五輪代表とすることを決めている。

ライフル、クレー射撃での五輪代表決定は松田知幸(神奈川県警)山下敏和(自衛隊)中山由起枝(日立建機)に続き5人目となった。

ラピッドファイアピストルは1984年ロサンゼルス五輪で蒲池猛夫が、日本の射撃で五輪初の金メダルを獲得した種目。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン