スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

全柔連、練習再開の指針改定 第4段階で全国大会可能に

2020/6/4 20:18
保存
共有
印刷
その他

全日本柔道連盟(全柔連)は4日までに、新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言解除に伴い、5月下旬に発表した練習再開指針の改定版を発表した。3段階の構成に無観客などの措置を講じた上で全国大会開催が可能となる第4段階を追加。各段階の移行期間なども明確にした。

改定版は受け身など相手と組まない練習に限られる第1段階、軽めの打ち込みができる第2段階からの移行はともに2~3週間を設定。第2段階では、各地域の人口10万人当たりで新規感染者数が0.25人以下との基準も明示された。

第2段階期間中で週単位の新規感染者の増加がなければ、実戦的な稽古の乱取りが可能になる第3段階へ。4週間以上で週単位の新規感染者が増えなければ、最終の第4段階となる。ここで初めて練習時間の制限、競技者のマスク着用義務がなくなる。試合実施は国内移動制限が先に緩和された地域で都道府県レベルの大会から行い、全面解除後に全国大会が開催できる。

全柔連は医科学委員会の意見を参考に修正。段階経過中に新規感染者が増加すれば、第1段階に戻すことを提案した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 ボクシングの東京五輪代表らの強化合宿が7月下旬再開の方針であることが3日、関係者の話で分かった。男子は20日から山形県で、女子は23日から富山県でともに約1週間の予定。体力強化が中心となる。新型コロ …続き (19:54)

男子66キロ級は丸山城志郎と阿部一二三の新旧世界王者による激しい争いに注目が集まる=共同

 全日本柔道連盟は2日、オンラインで新型コロナウイルス対策委員会を開き、東京五輪代表で唯一決まっていない男子66キロ級の最終選考会をグランドスラム(GS)東京大会(12月11~13日)とする方針を固め …続き (2日 21:30)

レスリング女子の強化合宿で汗を流す、東京五輪57キロ級代表の川井梨紗子(2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター)=日本レスリング協会提供・共同

 レスリング女子の東京五輪代表が2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で強化合宿を始めた。新型コロナウイルスの影響で約3カ月半ぶりとなり、五輪2連覇を目指す57キロ級の川井梨 …続き (2日 20:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]