2019年8月23日(金)

高校野球

佐々木が6回無安打無得点、13奪三振 高校野球岩手大会

2019/7/18 20:06
保存
共有
印刷
その他

第101回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は18日、各地で試合が行われ、岩手大会では、最速163キロを誇る大船渡の佐々木が一戸との3回戦に先発し、6回参考で無安打無得点を記録。チームは10-0で六回コールドゲーム勝ちし、ベスト16入り。

一戸戦に先発し、6回参考で無安打無得点を記録した大船渡・佐々木(18日、花巻球場)=共同

一戸戦に先発し、6回参考で無安打無得点を記録した大船渡・佐々木(18日、花巻球場)=共同

佐々木は6回を投げて四球の走者を1人出しただけで、毎回の13三振を奪った。最速は155キロだった。

北北海道大会では、旭川大高とクラークが19日の決勝に進出。全国で代表一番乗りが決まる。

今春の選抜大会準優勝の習志野(千葉)や、5年連続出場を目指す花咲徳栄(埼玉)なども勝ち上がった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 今月末から韓国で行われる野球のU18ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表が22日、東京都内で初練習を行った。最速163キロを誇る大船渡(岩手)の佐々木朗希投手は「新たな仲間と出会って、改めて …続き (22日 23:49)

決勝で星稜を破って初優勝を果たし、喜ぶ履正社ナイン=共同

 難敵の星稜・奥川を打ち崩しての戴冠に、履正社の岡田監督は「泣くことはないだろうと思ったが、勝手に涙が出てきた」と顔をほころばせた。
【履正社が初優勝 星稜に5-3 全国高校野球選手権】
 速球に振り負け …続き (22日 19:59)

▽決勝(第14日)
履正社(大阪)―星稜(石川)
履正社 003 000 020=5
星 稜 010 000 200=3

(履)清水、岩崎―野口
(星)奥川―山瀬
▽本塁打 井上3号(3)(奥川)
…続き (22日 16:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。