/

巨人・菅野、日本球界最高の8億円 米挑戦を見据え1年契約

ポスティングシステムでの米大リーグ移籍がまとまらず、プロ野球巨人に残留した菅野智之投手(31)が14日、日本球界最高となる年俸8億円で契約を更改した。巨人は複数年契約を用意していたが、今季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得する見込みで、来季の米再挑戦を見据えて1年契約を選択した。

契約を更改し、オンライン取材に応じるプロ野球巨人の菅野智之投手(14日、東京都内)=球団提供・共同

オンラインでの取材に「今季が終わったオフに、もう一度チャンスがあれば、そこで挑戦できればと思っている」と語った。これまではペタジーニ外野手が2003年から巨人と結んだ2年契約の年俸7億2千万円が最高とされていた。

昨季までは佐々木主浩投手(横浜=現DeNA)と並んで日本選手最高の6億5千万円だった。9日に米国から帰国し、東京都内の待機先から書面のやりとりなどを通じて交渉し「金額に見合った活躍をしないといけないと身が引き締まる思い。自覚のある、責任のある投球を見せていきたい」と意気込んだ。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン