/

カーリングSC軽井沢ク、アジア選手権辞退 チーム編成困難

カーリング男子で平昌冬季五輪8位のSC軽井沢クは2日、来春の世界選手権出場権の懸かるパシフィック・アジア選手権(11月・韓国)の日本代表を辞退すると発表した。2選手が退団し、残る3選手は同一チームでプレーせず今季のチーム編成が固まらないため。

SC軽井沢クは代表決定戦後に、主力だった清水徹郎、控えの平田洸介が退団した。司令塔の両角友佑、弟の公佑、山口剛史の残ったメンバーは2022年北京五輪を見据えるが、活動は現時点で不透明。存続するチームも出場大会や海外遠征は決まっていない。

SC軽井沢クは日本選手権を5連覇し、16年世界選手権では4位に入るなど力をつけ、日本男子では長野五輪以来5大会ぶりの五輪出場を果たした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン