プロ野球

ソフトバンク千賀が出場辞退 プレミア12、代わりに甲斐野ら

2019/10/24 23:02
保存
共有
印刷
その他

NPBエンタープライズは24日、国際大会「プレミア12」に出場する日本代表に選ばれていたソフトバンクの千賀滉大投手が右肩違和感のため、出場を辞退したと発表した。辞退者は21日に発表された2投手に次いで3人目で、代わりにともにソフトバンクの甲斐野央投手と嘉弥真新也投手、巨人の大竹寛投手が出場する。

ただ一人、新人で出場する甲斐野は「1年目らしく、伸び伸びとプレーをしたい」とコメントした。嘉弥真は「日の丸を背負ってのプレーが初めて。チームに貢献できるように頑張りたい」、大竹は「与えられた役割を全うします」と意気込みを述べた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が10日、非公開で行われているペイペイドームでの自主練習でフリー打撃を再開した。オンラインでの取材に「こうやって体を動かせるのは気持ち的にも違う。楽しいですね、本塁打を打 …続き (15:18)

 プロ野球中日は9日、本拠地がある愛知県に緊急事態宣言が出た場合でも、チームとしてこれまで通り自主練習を続けさせる方針を決めた。この日は新型コロナウイルス感染防止のため、ナゴヤ球場で1、2軍を四つの班 …続き (9日 20:39)

自主練習する中村晃(9日、ペイペイドーム)=共同

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月31日から活動を休止していたソフトバンクが9日、ペイペイドームなどの球団施設を使って自主練習を開始し、選手は場所や時間帯を分散させて参加。報道陣に非公開で行 …続き (9日 18:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]