2019年9月16日(月)

オリパラセレクト

フォローする

男子リード、楢崎智4位が日本勢最高 世界クライミング

Tokyo2020
2019/8/15 21:41
保存
共有
印刷
その他

スポーツクライミングの世界選手権第5日は15日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で、到達した高さを競うリードが行われ、8人による決勝で女子は15歳の森秋彩(茨城県連盟)が日本選手史上最年少の表彰台となる銅メダルを獲得した。野口啓代(TEAM au)は5位で、ヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)がボルダリングとの2冠を達成した。

男子はボルダリングを制した楢崎智亜(TEAM au)が4位、原田海(日新火災)が7位。アダム・オンドラ(チェコ)が優勝した。

男子リード決勝 4位に入った楢崎智亜(15日、エスフォルタアリーナ八王子)=共同

男子リード決勝 4位に入った楢崎智亜(15日、エスフォルタアリーナ八王子)=共同

女子で前回4位の小武芽生(エスエスケイフーズ)と伊藤ふたば(TEAM au)は準決勝で敗退し、肩を痛めている野中生萌(XFLAG)は棄権した。男子で前回4位の楢崎明智と藤井快(ともにTEAM au)、西田秀聖(奈良・天理高)も決勝進出を逃した。

16日は休養日。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする
男子400メートル自由形(視覚障害S11)で銀メダルを獲得し、笑顔でポーズをとる富田宇宙(15日、ロンドン)=共同共同

 【ロンドン=共同】東京パラリンピックの出場枠が懸かるパラ競泳の世界選手権最終日は15日、ロンドンで各種目決勝が行われ、男子50メートル平泳ぎ(運動機能障害SB3)で鈴木孝幸(ゴールドウイン)は48秒 …続き (9/16)

マラソンの東京五輪出場権獲得から一夜明け、27歳の誕生日を祝うケーキに笑顔を見せる中村匠吾(16日、東京都内)=共同共同

 15日に行われたマラソンの東京五輪代表選考レース「グランドチャンピオンシップ(MGC)」で出場権を獲得した4選手が一夜明けた16日、東京都内で取材に応じた。男子優勝の中村匠吾(富士通)はこの日が誕生 …続き (9/16)

男子グレコローマン63キロ級決勝 ロシア選手(下)を攻める太田忍(15日、ヌルスルタン)=共同共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】東京五輪予選を兼ねたレスリングの世界選手権第2日は15日、カザフスタンのヌルスルタンで男子グレコローマンスタイルが行われ、非五輪階級では、2016年リオデジャネ …続き (9/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。