/

プロ志望の高校球児を救済 20年限定トライアウト実施

日本学生野球協会は25日、東京都内で理事会を開き、日本高野連と日本野球機構(NPB)がプロ志望の高校生対象の合同練習会を8、9月に開催することを承認した。新型コロナウイルスの影響による春の選抜大会、夏の全国選手権大会中止など試合機会に恵まれなかった高校生に対する救済措置で、プロアマ合同で今年限りの異例の「トライアウト」となる。

10月26日にドラフト会議を実施するプロ側にとっては、高校生の力量を測る場となる。日程は8月29、30日と9月5、6日の2度。東西各1カ所で開催の見込みで人数が多い場合は9月12、13日にも実施する。会場や方式は今後協議される。参加希望者は8月1日から受け付けるプロ志望届を同21日までに提出し、練習会参加を申請する。

各都道府県で独自大会は開催されるが、無観客などで大会によってプロ関係者の視察が制限される可能性が高い。同協会の内藤雅之常務理事は「今年に限って3年生の平等性を限りなく担保しようということになった」と特例での措置を説明した。

昨年NPBドラフト対象の志望届を提出した高校生は139人いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン