/

競泳トップ選手、国内初の高地プール合宿 瀬戸「五輪へ模索」

長野県東御市に完成した国内初の高地トレーニング用プールで合宿している競泳のトップ選手が5日、練習を公開し、男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(ANA)は「海外よりストレスを感じず過ごせる。ここを利用して、五輪へ向けて効果的な下山のタイミングを模索していく」と今後も活用する考えを示した。

プールがある地点は標高約1750メートル。2000メートル以上の米アリゾナ州フラッグスタッフなどと比べ、強化環境としては高度がやや低いが、日本食の提供や新設の宿舎は選手に好評だ。女子の大橋悠依(イトマン東進)は「これだけ集中できる環境はない。食事の心配もなく、平地と同じ練習で、しっかり追い込めている」と評価。瀬戸を指導する梅原孝之コーチは「時差調整や移動の負担が少ないのは大きい。標高が低い分、体が順応する期間も海外より短くて済む」と利点を語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン