/

レスリング、コロナ陽性で選手を変更 五輪世界最終予選

日本レスリング協会は29日、東京五輪世界最終予選(5月6~9日・ソフィア)派遣メンバーの変更を発表し、男子フリースタイル97キロ級は赤熊猶弥(自衛隊)から山口剛(新日本プロレス職)に、125キロ級は田中哲矢から山本泰輝(ともに自衛隊)に代わった。

日本協会は「選手のコンディションを見た上での変更」としているが、関係者によると、赤熊と田中は4月にカザフスタンで行われた五輪アジア予選から帰国した際の検査で、新型コロナウイルスの陽性反応を示していた。

最終予選に出る山口と山本が2位以内に入って五輪出場枠を獲得した場合、赤熊、田中とプレーオフを実施。勝者が五輪代表となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン