/

女子100平で青木V2、男子50平で小関が日本新 日本選手権

女子100メートル平泳ぎ決勝 スタートする青木玲緒樹。1分5秒90で2連覇を達成した(5日、東京辰巳国際水泳場)=共同

ジャカルタ・アジア大会(8~9月)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第3日は5日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子100メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミキハウス)が1分5秒90の好タイムで2連覇し、1分6秒52で2位に入った鈴木聡美(ミキハウス)とともにアジア大会とパンパシフィック選手権(8月・東京)の代表に決まった。

非五輪種目の男子50メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が27秒12の日本新記録で2連覇した。自らが持つ従来の記録を0秒05上回った。

女子100メートル背泳ぎは小西杏奈(中京大)が59秒62で2連覇し、酒井夏海(スウィン南越谷)が59秒83の2位。ともに日本水連の定める標準記録を突破して代表入りした。男子200メートル自由形は松元克央(セントラルスポーツ)が1分45秒93で初制覇し、2位の江原騎士(自衛隊)、男子1500メートル自由形を14分55秒42で制した竹田渉瑚(オーエンス)とともに代表に決まった。

男子200メートル個人メドレー準決勝は萩野公介(ブリヂストン)が1位通過した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン