プロ野球

城島健司氏、ソフトバンク復帰へ アドバイザー役で

2019/12/19 19:56
保存
共有
印刷
その他

日本人捕手として初めて米大リーグでプレーした城島健司氏(43)が、現役時代を過ごしたソフトバンクに15年ぶりに所属することが19日、分かった。アドバイザー的な役割を担う見込みで、20日に記者会見を行う。2012年の現役引退後は、プロ野球界と距離を置いて活動していた。

城島氏は大分・別府大付高(現明豊高)から1995年にドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団し、強肩強打を武器にダイエー初のリーグ制覇や2度の日本一に貢献した。2006年から米大リーグに挑戦し、4年間在籍したマリナーズでも正捕手を務めた。10年に阪神入りし、度重なる故障に悩まされた12年に現役を退いた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

5回に3番手で登板し、プロ初勝利を挙げたオリックス吉田凌(15日、ペイペイドーム)=共同

オリックスが連敗を7で止めた。一回にT―岡田の2点打で先制。二回は福田の2点打、吉田正の適時二塁打で加点した。吉田一が3年ぶりの先発で3回無失点、吉田凌が1回無失点でプロ初勝利。 …続き (17:43)

 阪神戦に先発した広島・森下=共同


 プロとして世を渡るには、お得意先をつくるのが手っ取り早い。ルーキーイヤーを快調に走り出した広島のドラフト1位・森下(明大出身)は、もう上客を見つけたようだ。この日許したのは2安打のみ、四球も与えずプ …続き (14日 23:10)

 日本ハムは14日、札幌ドームで9月1日から20日まで行われる12試合の入場者数の上限を5千人で継続すると発表した。
 新型コロナウイルス感染の収束の見通しが立っていないため上限を緩和するのを見送った。 …続き (14日 18:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]