/

高橋と朴仁妃が首位 日本女子プロゴルフ第1日

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第1日(12日・兵庫県チェリーヒルズGC=6425ヤード、パー72)国内四大大会第2戦はツアー未勝利の21歳、高橋彩華と朴仁妃(韓国)が4アンダーの68で首位に並んだ。四大大会で2連勝を狙う20歳の渋野日向子は70で回り、オーバーパーなしの連続ラウンドをツアー新記録の29に伸ばして11位。

第1日、1番でティーオフする高橋彩華。4アンダーで首位(12日、チェリーヒルズGC)=共同

トップと1打差の3位は畑岡奈紗、森田遥、全美貞、アン・ソンジュ(ともに韓国)ら8人で、前回優勝の申ジエ(韓国)は1オーバーの46位と出遅れた。(賞金総額2億円、優勝3600万円、出場132人、晴れ、気温28.7度、北北東の風5.2メートル、観衆6231人)〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン