/

男子ケイリン、日本勢は準決勝進めず 世界自転車

【香港=共同】自転車トラック種目の世界選手権第2日は13日、香港で行われ、男子ケイリンで前回大会5位の脇本雄太と河端朋之、新田祐大(いずれも日本競輪選手会)は3人とも準決勝に進めず敗退した。

1回戦で脇本は第3組3位、河端は第2組5位、新田は第4組7位でいずれも準決勝に進む2位以内に入れず、各組1位が準決勝に残る敗者復活戦は河端が第2組2位、脇本が第3組5位、新田は第4組5位だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン