/

桐蔭学園など8校がシード 全国高校ラグビー大会

第100回全国高校ラグビー大会の実行委員会は3日、2連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)や前回準優勝の御所実(奈良)などシード8校を発表した。

第91~99回大会で8強に進出した都道府県を集計し、上位8都道府県の代表をシード校に選出。目黒学院(東京第1)、京都成章、東海大大阪仰星(大阪第1)大阪朝鮮高(大阪第2)関西学院(兵庫)東福岡(福岡第1)も選ばれた。複数代表の東京、大阪、福岡はシード委員会で選考。

また都道府県予選の出場校数は641チームで、前回より39チーム減となった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン