/

ボクシング寺地、不祥事認めて謝罪 ライトフライ級王者

世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王座を7度防衛しているチャンピオンの寺地拳四朗(28)=BMB=が26日、泥酔して他人の車を破損させたとの一部報道に出た不祥事を認め、謝罪文を発表した。「社会人として自覚に欠けた行動であり、次戦の準備をしていただいていた関係各位には多大なるご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません」などとコメントした。

関係者によると、12月に大阪で8度目の防衛戦が計画されていたが、白紙になったという。日本ボクシングコミッションの安河内剛事務局長は「(寺地側の)細かい報告を受けてから今後の対応を決めたい」と話し、倫理委員会などで処分を協議する可能性も示した。

謝罪文の説明では、寺地は今夏に酩酊状態となって自宅と間違えて他人の敷地に立ち入り、駐車中の車を破損させた。11月に警察からの呼び出しを受け、初めて事態を把握。被害者とは示談が成立しているという。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン