/

バドミントン女子、高橋が3冠 高校総体

全国高校総体(インターハイ)第7日は3日、山形県の新庄市体育館などで8競技が行われ、バドミントン女子シングルスは高橋明日香(福島・ふたば未来学園)が優勝、由良なぎさと組んだダブルスも制し、団体と合わせて3冠に輝いた。女子の3種目制覇は2008年の松友美佐紀以来。

男子シングルスは大林拓真(埼玉栄)が決勝で奈良岡功大(青森・浪岡)を退けて優勝、ダブルスは金子真大、久保田友之祐組(福島・ふたば未来学園)が勝った。

サッカーは準決勝が行われ、男子は昨年2位の流通経大柏(千葉)と、日大藤沢(神奈川)が4日の決勝に進出。女子は前回優勝の藤枝順心(静岡)と、2年ぶりの頂点を目指す日ノ本学園(兵庫)が勝ち残った。重量挙げの53キロ級は柴田大輔(兵庫・尼崎工)がトータル194キロで、62キロ級は生頼啓暉(兵庫・明石南)がトータル230キロでそれぞれ制した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン