/

バレー女子、日本5大会ぶり優勝 アジア選手権

バレーボール女子のアジア選手権は17日、マニラで行われ、前回6位の日本は決勝でタイに3-2で逆転勝ちし、5大会ぶり4度目の優勝を果たした。2セットを先取されたが、粘ってフルセットに持ち込んで第5セットを15-7で制した。大会の最優秀選手に新鍋理沙(久光製薬)、ベストリベロには小幡真子(JT)が選ばれた。

日本は1975、83、2007年に次ぐ優勝となった。男子も7~8月に行われたアジア選手権で2大会連続9度目の優勝を果たした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン