/

今平らが暫定首位 カシオゴルフ、悪天候で競技終えられず

第1日、6アンダーで暫定首位の今平周吾(22日、Kochi黒潮CC)=共同

カシオ・ワールドオープン第1日(22日・高知県Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)悪天候によるコースコンディション不良のためスタートが遅れ、日没で12人が競技を終えられなかった。賞金ランキングトップの今平周吾がボギーなしの6バーディーで66をマークし、浅地洋佑、嘉数光倫と並んで暫定首位に立った。

石川遼、小鯛竜也らが68で回り暫定7位につけ、前週優勝の市原弘大は70。賞金ランク2位のショーン・ノリス(南アフリカ)は77と大きく出遅れた。(賞金総額2億円、優勝4千万円、出場108選手=アマ6、雨のち晴れ、気温15.3度、南の風0.6メートル、観衆1494人)〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン