/

根尾・吉田ら233人がプロ志望届 25日にドラフト会議

日本高野連と全日本大学野球連盟は11日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で233人(高校123人、大学110人)が届け出た。25日に行われるドラフト会議で指名対象となる。

センスあふれる野手が並ぶ高校生は、大阪桐蔭の根尾昂が複数球団の1位指名が確実視される。内野、外野、投手を全てハイレベルにこなし、今年の甲子園大会で史上初の2度目の春夏連覇に貢献。既に中日が指名を公言している。

双璧をなすのは、金足農(秋田)を今夏の甲子園大会準優勝に導いた吉田輝星。最速152キロの直球は浮き上がるような独特の球質で、1位競合の可能性は高い。

大阪桐蔭からは外野手の藤原恭大、柿木蓮と横川凱の両投手も提出した。藤原は俊足強打が魅力で、報徳学園(兵庫)の遊撃手、小園海斗とともに1位指名候補だ。昨夏の甲子園で優勝した花咲徳栄(埼玉)の野村佑希は右の長距離砲として注目される。

大学生は東洋大の150キロトリオに注目が集まる。大学日本代表でも活躍した甲斐野央、1試合20奪三振で東都リーグ記録を塗り替えた上茶谷大河、187センチの大型右腕の梅津晃大が上位指名候補だ。

最速150キロを超える本格派の松本航(日体大)や清水昇(国学院大)、野手では走攻守そろった辰己涼介(立命大)も指名を待つ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン