/

なでしこ3連敗、高倉監督に厳しい評価 親善大会で田嶋会長

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が国際親善大会「シービリーブスカップ」を3連敗で終えたことを受け、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が12日、東京都内で取材に応じ「心配も当然。思うようなサッカーができてないと言わざるを得ない。ご本人もそれは分かっているんじゃないか」と高倉麻子監督に厳しい評価を下した。監督交代を検討するかどうかは明言を避けた。

帰国後に女子委員会で総括し、監督を含むスタッフからチームの状況を聞く方針。「チームが一体感をもってやっているならリカバーは可能。このまま(の指導体制を)継続するにしても何にしても、時間的な余裕は多少はある」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン