/

復帰の瀬戸が400個メで優勝 競泳ジャパンOP、萩野は6位

競泳のジャパン・オープンは4日、東京五輪会場の東京アクアティクスセンターで開幕し、男子400メートル個人メドレーは不倫問題での活動停止処分から復帰した瀬戸大也(TEAM DAIYA)が4分12秒57で優勝した。萩野公介(ブリヂストン)は6位。

男子400メートル個人メドレー決勝 4分12秒57で優勝した瀬戸大也のバタフライ(4日、東京アクアティクスセンター)=共同

100メートル平泳ぎの男子は19歳の佐藤翔馬(東京SC)が59秒67で制し、渡辺一平(トヨタ自動車)が59秒75の2位で続いた。女子は青木玲緒樹(ミズノ)が1分6秒98で1位となった。

男子100メートル自由形は中村克(イトマン東進)が48秒53で勝ち、松元克央(セントラルスポーツ)が2位に入った。女子400メートル自由形は小堀倭加(セントラル戸塚)が4分7秒24で制した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン