プロ野球

ソフトバンク松田「2年連続日本一に」 吉村は保留

2014/12/18付
保存
共有
印刷
その他

契約更改を終え、記者会見するソフトバンクの松田宣浩内野手(18日、福岡市のヤフオクドーム)=共同

契約更改を終え、記者会見するソフトバンクの松田宣浩内野手(18日、福岡市のヤフオクドーム)=共同

ソフトバンクの松田宣浩内野手(31)が18日、福岡市のヤフオクドーム内で契約更改した。年俸固定制の2年契約で2年目となる来季も2億2千万円プラス出来高払いとなり「2年連続で日本一の選手会長になりたい」と抱負を語った。

昨季は全試合フル出場したが、今季は7月初めから右手人さし指の骨折で2カ月近く離脱し、101試合の出場にとどまった。規定打席には届かなかったが、最終144試合目でパ・リーグ優勝を決めたサヨナラ打や日本一をもたらす決勝打を放つ勝負強さを発揮し「けががなければ自己最高の成績を残せた。けがをしないよう意識付けが大事で、来季はフル出場したい」と意気込んだ。

後半戦から存在感を示し、クライマックスシリーズで最優秀選手賞に輝いた吉村裕基外野手(30)は1千万円増の4500万円を保留し「いいシーズンだったので納得して終わりたい」と話した。(金額は推定)〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 プロ野球阪神は5日、新型コロナウイルスに感染した3選手のうち、大阪府内の病院に入院していた伊藤隼太外野手(30)が退院したと発表した。回復を確認するためのPCR検査で2度続けて陰性となり、当面は病院 …続き (5日 18:17)

 巨人の2年目の高橋優貴投手が5日、川崎市のジャイアンツ球場で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため報道陣に非公開で行われた練習に参加し、3月に左肘痛で離脱してから初めて投球練習を行った。約20球を投 …続き (5日 17:41)

 右肩周辺の肉離れから復帰を目指す巨人の畠世周投手が5日、川崎市のジャイアンツ球場で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため報道陣に非公開で行われた練習に参加し、ブルペンで約80球の投球練習を行った。2 …続き (5日 17:39)

ハイライト・スポーツ

[PR]