/

ジョセフHCに続投要請へ 日本ラグビー協会

ジェイミー・ジョセフ氏=共同

日本ラグビー協会は24日、東京都内で次期日本代表ヘッドコーチ(HC)の選考委員会を開き、ワールドカップ(W杯)で日本を初の8強に導いたジェイミー・ジョセフHC(49)に続投を要請することを決めた。任期は2023年の次回W杯フランス大会までの4年間。現在の契約は12月で切れる。

選考委には日本協会の森重隆会長(67)、岩渕健輔専務理事(43)、藤井雄一郎強化委員長(50)らが出席し、ジョセフHCに一本化して続投要請することを満場一致で決定した。今後の交渉は藤井委員長に一任され、ジョセフHCからの返答を待つ。森会長は「今回のW杯日本大会の戦績に鑑み、ヘッドコーチの要請をすることを選考委として決めた。ベスト8ということでダントツで、ジェイミーでいこうということになった」と話した。

ジョセフHCは選手としてニュージーランドと日本の代表経験を持ち、指導者に転身後は、15年にハイランダーズ(ニュージーランド)でスーパーラグビーを制し、16年9月に日本代表HCに就任した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン