/

ボクシング村田「いい練習を積めた」 23日バトラー戦

世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者に返り咲いた村田諒太(帝拳)が12日、東京都内の所属ジムで同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦(23日・横浜アリーナ)へ向けた練習を公開し「いい練習を積めた。序盤に強いパンチを食らわず、プレスをかける自分の展開に持っていけば問題ない」と自信を見せた。

初防衛戦に向け、調整する村田諒太=右(12日、東京都新宿区の帝拳ジム)=共同

米国から招いた体格で上回る相手と2ラウンドのスパーリング。村田はロープに詰めて上下へ強烈な連打を放つなど、好調をうかがわせた。

昨年2度目の防衛戦は、ビッグマッチ実現など先の目標を意識して失敗。今回は「大きな目標を追い掛けると足をすくわれる。バトラー戦に集中している。同じ轍(てつ)は踏まない」と冷静に話した。

視察に来たバトラーのトレーナーは「村田がいい選手だと再確認できた。どのパンチも強そうだ」と印象を語った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン