2017年12月11日(月)

プロ野球

プロ野球選手会、新会長に炭谷を選出

2017/12/7 19:16
保存
共有
印刷
その他

握手する日本プロ野球選手会の炭谷銀仁朗新会長(左)と嶋基宏前会長(7日午後、大阪市内のホテル)=共同

握手する日本プロ野球選手会の炭谷銀仁朗新会長(左)と嶋基宏前会長(7日午後、大阪市内のホテル)=共同

 労働組合・日本プロ野球選手会は7日、大阪市内で定期大会を開き、嶋基宏会長(32)=楽天=に代わる9代目の会長に西武の炭谷銀仁朗捕手(30)を選出した。任期は1年。炭谷新会長は記者会見で「大先輩がやってこられた選手会を、少しでもよりよいものにできれば。大きな国際大会が控えているので、全力で取り組んでいきたい」と抱負を述べた。

 炭谷は京都・平安高(現龍谷大平安高)から2006年に西武へ入団。昨年から西武の選手会長を務めていた。日本代表では13年と今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場した。

 嶋は12年12月から5年間会長を務めて契約更改交渉の改善などに取り組み、今季から球団が事前に提示内容を通知する仕組みが導入された。退任にあたり「いい方向には来ている。引退するわけではないので、選手としてまだまだ花を咲かせたい」と話した。

 総会では引き続き契約更改の改善を目指すことが決議された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

プロ野球 一覧

 中日は9日、日本ハムから海外フリーエージェント(FA)権を行使した大野奨太捕手(30)の獲得を発表した。同日に名古屋市内で森繁和監督が同席した交渉に臨んで最終的な意思を固め、残留を要請した日本ハムに …続き (9日 21:08)

契約更改交渉を終え、記者会見する楽天の松井裕樹投手(9日、仙台市の球団事務所)=共同

 楽天の松井裕樹投手が9日、仙台市の球団事務所で契約交渉に臨み、5千万円増の年俸1億4千万円で更改した。4年目の今季は33セーブで3年連続30セーブを達成し、初の大台突破。「3年間1軍で働いて一人前と …続き (9日 19:18)

契約更改交渉を終え、記者会見する楽天の銀次内野手(8日、仙台市の球団事務所)=共同

 楽天の銀次内野手が8日、仙台市の球団事務所で契約交渉に臨み、2400万円増の年俸1億円で更改した。今季は初めて全試合に出場し、一塁手としてベストナインとゴールデングラブ賞を獲得。大台到達にも「正直、 …続き (8日 19:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]