サッカー

日本サッカー協会、欧州に駐在員派遣 海外組支援で

2020/2/13 18:57
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会は13日、東京都内で理事会を開き、約50人に増えた海外組のサポートのため、欧州駐在員を派遣することを決めた。選手の状態把握、代表招集に伴う移動などの調整に従事する。4月以降に事務所を開設する予定で、ドイツのデュッセルドルフなど日本人街のある都市が候補に挙がっている。

5月開幕の第100回天皇杯全日本選手権で準決勝からビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を採用することも決めた。前回大会は決勝だけだった。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 岩手県サッカー協会は9日、第100回天皇杯全日本選手権予選を兼ねる同県選手権の準決勝を12日に予定通り行う方針を明らかにした。同県は9日までに新型コロナウイルスの感染者が確認されていない。
 岩手県協 …続き (9日 23:14)

 J1のG大阪は9日、緊急事態宣言を受け、当初13日までとしていたトップおよびU―23(23歳以下)チームの活動休止期間を延長すると発表した。再開時期は未定。
 J1のC大阪も同様に、チームの活動を当面 …続き (9日 20:42)

 サッカーのイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンは9日、新型コロナウイルスの感染拡大による活動停止に伴い、ハーゼンヒュットル監督や選手、コーチ、役員の4~6月の給与の一部支払いを先送りすると発 …続き (9日 20:28)

ハイライト・スポーツ

[PR]