/

ヤクルト奥川2軍スタート 高津監督「キャンプ中の1軍ない」

ヤクルトは23日、東京都内の球団事務所でスタッフ会議を開いてキャンプの1、2軍メンバーを決め、右肘に軽い炎症があるドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手(石川・星稜高)は、宮崎県西都市での2軍でスタートすることになった。高津臣吾監督は「ノースロー調整が続いている状態。キャンプ中に1軍に呼ぶことはない」と語った。

新人では2位の吉田大喜投手(日体大)、3位の杉山晃基投手(創価大)、4位の大西広樹投手(大商大)が沖縄県浦添市での1軍でスタートする。新主将の青木宣親外野手や山田哲人内野手も1軍で始動する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン