/

柔道66キロ級代表12月決定 丸山と阿部、激しい争い

全日本柔道連盟は2日、オンラインで新型コロナウイルス対策委員会を開き、東京五輪代表で唯一決まっていない男子66キロ級の最終選考会をグランドスラム(GS)東京大会(12月11~13日)とする方針を固めた。29日の常務理事会、その後の理事会での書面決議で正式決定する。試合会場は国立代々木競技場を軸に調整されている。

男子66キロ級は丸山城志郎と阿部一二三の新旧世界王者による激しい争いに注目が集まる=共同

男子66キロ級は丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(パーク24)の新旧世界王者による激しい争いに注目が集まり、国際大会であるGS東京が決戦の舞台に選ばれた。代表は試合後の強化委員会で出席者の半数以上の賛成で決まる。当初は4月の全日本選抜体重別選手権で決着する予定だったが、新型コロナの影響で延期となっていた。

東京都では2日に107人の新型コロナ感染が判明。中里壮也専務理事は「あくまで今日(2日)現在での判断。状況に合わせて考えていくしかない」と述べた。

例年4月に体重無差別で日本一を争う男女の全日本選手権は女子が12月26日、男子は同27日の予定で、会場は東京都文京区の講道館などを含めて検討。選抜体重別は講道館杯全日本体重別選手権(10月31日、11月1日・千葉ポートアリーナ)と兼ねる形で実施する見通しとなった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン