2019年7月23日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

本場所の懸賞金、7万円に上げ 秋場所から

2019/5/30 20:24
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、土俵との距離に応じて席種をより細分化するなど、大相撲の入場料を改定すると発表した。新料金は7月の名古屋場所後に発表し、来年5月の夏場所から適用予定。

平日と週末でも価格に差をつける。入場料の改定は、消費税増税に伴って値上げした2014年5月の夏場所以来となる。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「大きく上げるところと下げるところで変えていく。子どもたちも入りやすいように」と狙いを説明した。

幕内の取組に懸けられる懸賞金は、9月の秋場所から現行の1本6万2千円を7万円に引き上げる。力士が土俵上で受け取る額は3万円で変わらないが、力士名義の積立金が2万6700円から3万円に、協会手数料が5300円から1万円にアップする。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

名古屋場所千秋楽から一夜明けの記者会見で写真撮影のポーズをとる、6度目の優勝を果たした横綱鶴竜(22日、名古屋市内のホテル)=共同

 大相撲名古屋場所で7場所ぶり6度目の優勝を果たした横綱鶴竜(33)=モンゴル出身、井筒部屋=が千秋楽から一夜明けた22日、名古屋市内のホテルで記者会見し「すごくいい気分で目が覚めた。いつも以上に集中 …続き (22日 10:07)

「これまでとはひと味違う優勝」と喜ぶ鶴竜。横綱在位32場所は千代の山と並ぶ史上10位となった=共同

 優勝を懸けた横綱対決は期待にたがわぬ熱戦となった。技とスピードが詰まった41秒、上回ったのは鶴竜だ。
【鶴竜、7場所ぶり6度目V 大相撲名古屋場所】
 白鵬得意の左上手を引かれたが、投げに巻き替えと先に …続き (22日 0:03)

 大相撲名古屋場所千秋楽(21日・ドルフィンズアリーナ)1敗で単独首位の鶴竜が結びの一番で、ただ一人2敗で追っていた白鵬との横綱対決を寄り切りで制し、14勝1敗として7場所ぶり6度目の優勝を果たした。 …続き (21日 19:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。