/

プロ野球選手会、高野連に目録贈呈 代替大会支援で1億円

日本プロ野球選手会の会長を務める巨人の炭谷銀仁朗捕手は25日、東京ドームで新型コロナウイルスの影響で中止となった今夏の高校野球選手権と地方大会の代替大会を支援するために贈呈する1億円の目録を、日本高野連の八田英二会長に手渡した。

プロ野球に支配下登録されている全選手が高校球児のために寄付に応じた。八田会長によると各都道府県の高野連に今月中に分配する予定。

広島戦の試合前に記者会見した炭谷会長は「高校野球部員として積み重ねてきた日々の全てをぶつける場をお手伝いできたら。思い切り、楽しんでプレーしてもらいたい」と話した。八田会長は「球児の思いを分かっていただき、本当にありがたい。独自大会の開催に向けて最大限活用したい。(プロとアマの)垣根は低くなってきている」と感謝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン