スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里、休場後初の出稽古 新鋭の阿武咲と15番

2017/6/15 19:17
保存
共有
印刷
その他

休場後初の出稽古を終え、阿武咲(右)と記念撮影する稀勢の里(15日、千葉県習志野市の阿武松部屋)=共同

休場後初の出稽古を終え、阿武咲(右)と記念撮影する稀勢の里(15日、千葉県習志野市の阿武松部屋)=共同

左上腕などの負傷で5月の大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が15日、千葉県習志野市の阿武松部屋で休場後初の出稽古を行い、20歳で新鋭の幕内阿武咲と15番取った。関取と相撲を取るのも夏場所後は初めてで「いいんじゃないですか」と明るい表情だった。

稀勢の里は左上腕付近にテーピングをせず、新入幕の夏場所で敢闘賞に輝いた阿武咲に11勝4敗。得意の左おっつけこそ出さなかったものの、突き、押しを受け止め、左をのぞかせての攻めを何度も繰り出した。

内容について「見ての通りでしょう。(阿武咲は)いい相撲を取っていた」と話した。名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)に向け、16日以降も出稽古する意向。

最後はぶつかり稽古でも胸を借りた阿武咲は「土俵際に押し込んでからが重かった。横綱に胸を出してもらい、すごくうれしかったし、ありがたい」と恐縮。阿武松親方(元関脇益荒雄)は「何もテーピングをしていない姿に驚いた。出稽古初日にしては上々の動きだと思う」と目を細めた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、元幕内の幕下蒼国来(36)=本名エンクー・トプシン、中国出身=が同日付で引退し、年寄「荒汐」を襲名して部屋を継承することを承認した。
 相撲協会に …続き (26日 21:15)

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念される夏場所(5月10日初日・国技館)の開催形式について話し合い、継続審議とした。
 春場所と同様の無観客や …続き (26日 21:11)

春場所3日目、すくい投げで志摩ノ海(手前)を破る琴ノ若

 祖父は「猛牛」と呼ばれた元横綱琴桜(故人)、父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)。そんな相撲一家で育った22歳の新入幕、琴ノ若が春場所で存在感を発揮した。幕尻の前頭18枚目で9勝6敗と勝ち越し。鍛 …続き (26日 10:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]