/

米元・田中組が現役引退 バド女子複の元日本代表

2017年のバドミントンスーパーシリーズ女子ダブルスで初優勝した米元小春(右)、田中志穂組=AP・共同

バドミントン女子ダブルスで元日本代表の米元小春(30)と田中志穂(28)のペアが現役を引退すると28日、所属先の北都銀行が発表した。29日に秋田県庁で記者会見し、30日にチームの後輩で世界選手権2連覇中の永原和可那、松本麻佑組を相手に引退試合を行う。

広島県出身の米元と熊本県出身の田中は2017年にスーパーシリーズ(現ワールドツアー)ファイナルで初出場優勝し、18年に世界選手権で銅メダルを獲得した。東京五輪出場を目指していたが、19年世界選手権で米元が左アキレスけん断裂の大けがを負った。復帰戦となった昨年12月の全日本総合選手権で4強入りを果たしたが、その後の活動については言及しなかった。

米元は混合ダブルスでは嘉村健士(トナミ運輸)と組み、全日本総合で2度優勝した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン