/

空手、五輪代表の選考やり直しへ 全競技で初

世界空手連盟(WKF)が新型コロナウイルスの影響で中止された東京五輪の予選大会を実施すると発表したことを受け、全日本空手道連盟の香川政夫選手強化委員長は21日、影響の出る組手2階級の代表選考について「やり直しを指示する」と明言した。正式決定すれば、いったん確定した日本代表の選考が見直されるのは全競技を通じて初めて。

対象となるのは男子67キロ級と女子61キロ級。3月に最後の五輪ランキングのポイント対象大会が中止され、佐合尚人(高栄警備保障)と染谷真有美(テアトルアカデミー)が、その時点でのランキングで代表に確定した。来春までに実施される予選大会で、男子67キロ級は佐合と篠原浩人(マルホウ)、女子61キロ級は染谷真と森口彩美(AGP)の争いになる。

選手らにはやるせなさが残っていただけに、日本代表組手男子の今井謙一コーチは「きちんとけりをつけられる。率直にうれしい」と選考のやり直しを歓迎した。香川委員長は「4人が最後まで争って選ばれることが一番」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン